【2019.3】観た映画メモ/その1

12.グリーンブック

gaga.ne.jp

 

王様から1人の人間まで演じきったマハーシャラ・アリに感服。手紙のシーン、ケンチキのシーン、どのシーンも実に印象的。自分がいかに平和な時代に生きているかも痛感。あの『ムービー43』と同じ監督なのが信じられない・・・w

 

----------------------

 

13.移動都市/モータルエンジン

mortal-engines.jp

 

当代随一のオタクが練り上げた歪な傑作。「都市を爆走させる」ってアイデアだけで2億点獲得!巨大重機好き、Falloutシリーズ好き、スチームパンク好きは目を皿にして眺めよう!印象が固まってない役者が揃ってたのも地味に良かった。

 

----------------------

 

14.スパイダーバース

www.spider-verse.jp

実写で出来ない表現全部乗せ!ヤバい!

複雑なテーマを扱いながら「ヒーローとは何ぞや」まで正面から向き合っていた。『ダークナイト』みたくおっさんがウジウジやってるのも面白いけど、子供がキラキラしてるのもいいですなー。

さらにそれら全部を超極彩色のジェットコースターに乗っけて突っ走れるバランス感覚。『スパイダーマン』の歴史にまたひとつ傑作が加わりましたね。

 

----------------------

 

15.ウトヤ島、7月22日

utoya-0722.com

 

フィクションという前置きがありつつも、これはあまりにも重たい・・・
冒頭でこちらをじっと見据えられた瞬間が脳裏に焼き付いている。。

 

----------------------

 

16.運び屋

wwws.warnerbros.co.jp

絶倫かよ!

88歳にして監督、主演。
彼の止まらぬクリエイティビティにただただ敬服するのみです。

 

【2019.2】観た映画メモ

 

09.アリータ:バトル・エンジェル

www.foxmovies-jp.com

 

アリータ可愛いーーーーーーーーー!!!!!好きーーーーーーー!!!!!!

 

----------------------------

 

10.THE GUILTY

guilty-movie.jp

 

あの表現だと旦那が犯人って思うでしょ!ガッツリ騙されました。面白い。
序盤でイヤホン外し損ねて癇癪起こすシーン、あの一瞬で主人公の性格を表現出来ててすごい。

 

----------------------------

 

11.リミット・オブ・アサシン

klockworx-v.com

 

イーサン・ホークの顔だけ観る作品。

 

 

 

 

 

 

 

【2019.2】観た映画メモ:ファーストマン/アクアマン

 

07.ファーストマン

firstman.jp

 

アポロ1号の事故や月着陸船での訓練失敗後の、ライアン・ゴズリング特有のあの眼が怖くて怖くて仕方なかった。

月に降り立った最初の人間の物語をヒロイックに描き過ぎないところも嫌味がなくてとても良い。
ロケット発射のカタルシスを狭苦しい操縦席からの目線と轟音、カメラの揺れだけで表現する変態っぷりも素敵。

「すったもんだあった末に人類が月まで飛ばされ、あの言葉を発する」という誰もが知る物語でも、切り口が変わるだけでここまで表情を変えるのかと驚いた。

 

----------------------------------

 

08.アクアマン

wwws.warnerbros.co.jp

 

ワイルド・スピード』に『パシフィック・リム』と『死霊館』がくっ付いたアルティメット海鮮丼ムービー!

上映時間144分のうち、300分くらいはアクションシーンに割いていたのではないか?マーベルがネイモアを出さない隙に、海が関わる場所全てでドンパチやっちまうDCの振り抜き方が最高。ジャスティス・リーグ』の時だって、ノーランでもザックでもないこの路線で突っ走ってほしかったよ!

唯一気になるのがドルフ・ラングレンの活かし方。タツノオトシゴに乗ってユラユラしてるだけなんて勿体ない・・・!!!

 

 

 

 

 

 

【2019.1】観た映画メモ:ミスター・ガラス

www.disney.co.jp

 

シャマラン監督、やってくれたなーーーーーー!!

毎年毎年ヒーロー映画が大量生産されるここ数年の映画シーンに対して「・・・それってただの妄想じゃなくて?」と根底を揺さぶるカウンターを叩き付けた大傑作。

何故ケヴィンでもデヴィッドでもなく、イライジャの名前がタイトルなのか、前作『スプリット』のキービジュアルは何故ヒビの入ったガラスなのか。『アンブレイカブル』の頃から3部作構想だったと語るように(ほんとか嘘かは知らんけど)劇中でのイライジャ同様まさに「自らを疑うこともあったが、この時をずっと待っていた」ように解き放たれた作品って感じで、シャマランの先見の明にゾクゾクします。

ヒーローとは自己犠牲の上で成り立つもの、って考えがヒーローコミックの世界には存在しています。それを踏まえると物語の終盤でイライジャが語る「これは限定版ではない、オリジンものなんだ」のセリフには思わずうるっときます。『アンブレイカブル』では表現が重過ぎる理由で未公開だった遊園地のシーケンスをここで出してくるところも非常にニクい。

ラストに向けて少しずつ謎が解き明かされ、誰がヒーローでヴィランなのか、そして誰が真のマスターマインドなのかが判明していく流れはひたすら気持ちが良い。

前作同様に24の人格を巧みに演じ分けたジェームズ・マカヴォイ、中盤まで痙攣してただけだったサミュエル・L・ジャクソンブルース・ウィリスはまぁいつも通りか(ハゲたねぇ、、)。ただでさえキャラが強い3人と対等に渡り合い、真っ向から立ち向かったステイプル医師にも拍手。

ついにガラスは割れ、破片が世界中に飛び散った。その後のストーリーは鑑賞者の想像にすべてゆだねるラストシーンも素敵。

 

【2019.1】観た映画メモ

 

01.『MEG ザ・モンスター

warnerbros.co.jp

 

劇場に行き損ねてたのでBlu-rayで。

せっかくビーチに出たんだから、もっと人をガツガツ襲えよ!!

 

----------------------------------

 

02.TAXi5 ダイヤモンド・ミッション

taxi5.asmik-ace.co.jp

 

『TAXi』シリーズは大好きだけれど劇場で観た経験が無かったので、世界一有名な伝説のタクシー(過去を語るシーンで少しうるっときた)が爆走するシーンを大スクリーンで観れるだけでもう最高。
でもテーマ曲に関してはPump ItよりもMisirlou派なので、思わず「えーーーーーーそっちかーーーーーーーい!」とズッコケた記憶が。

新コンビに関しては、やっぱりエミリアンとダニエルの印象が強く残り過ぎていてややキャラ立ちで負けたかなー。ヒロインもマリオン・コティヤールと比べてしまうと・・・w

とは言え『TAXi』好きが作った『TAXi』だと監督が話しているように、過去のシリーズへの愛とリスペクトを十二分に感じるし、『ワイルド・スピード』シリーズを始めとしたカーアクション映画にまったく引けを取らない作品!

 

----------------------------------

 

03.特攻野郎Aチーム THE MOVIE

戦車で空を飛ぶシーンが特に馬鹿げてて最高!『ワイルド・スピード』シリーズが港を舞台に暴れないのは、これと『アイアンマン3』が造船所を破壊し尽くしたからでは?と読んでます。

 

----------------------------------

 

04.ネバー・サレンダー 肉弾英雄

ご存知WWE制作のアクション映画。現役スターのザ・ミズベッキー・リンチ、リビングレジェンドのショーン・マイケルズが出演してます。3人とも予想以上に演技上手くてびっくり!
アクションシーンに関してはさすがWWEスーパースター、良い殺陣でした。
そして個人的激アツポイントは、大好きなボディビルダーのマーティン・フォードが出ていたところ。

 

----------------------------------

 

05.サスペリア

gaga.ne.jp

期待し過ぎたかなー。

序盤の叩き付けがピークだったかも。