otakonblog

はい

【観ました】ドクター・ストレンジ

marvel.disney.co.jp

 

2008年の『アイアンマン』から始まったマーベル・シネマティック・ユニバース。3部作や前後編といったこれまでの映画の造りを根本から覆し、年に数本公開という驚異的なハイペースで傑作を量産させてます。昨年の『シビル・ウォー』からフェイズ3に突入し、シリーズ全体で14作目が公開。遂にドクター・ストレンジが登場してくれました。MARVELの中でも古参キャラですし、他のキャラクター達との掛け合いが早く見たい!

 

ストーリーはいわゆるオリジンもの(キャラクターの誕生、原点を描く)なので、駆け足&先読みしやすい展開ではあるものの、特筆すべきはやはり魔術の世界の描き方!東洋と西洋、現代と古代を上手くブレンドさせたスタイリッシュながらも呪術的な世界。冒頭から『インセプション』やジョジョ6部の『C-MOON』の発展系とも言える重力捻じ曲げアクションが始まり、度肝を抜かれます。エンシェント・ワンがストレンジに魔法を叩き込むシーンでは、マンデルブロ集合や『インターステラーの後半を思わせる量子力学的描写の乱れ打ち。これまでのMARVELシリーズとは一線を画す世界が圧倒的な説得力を持って迫ります。


一時は別の俳優か!?とも思われたストレンジ役は、最終的にベネ様に落ち着いたので一安心。ユーモアたっぷりでまさにはまり役。『ローグ・ワン』で心優しき親父を演じてたマッツ・ミケルセンは、『カジノ・ロワイヤル』のル・シッフルを彷彿とさせる不気味な悪役として登場。そして何よりもあのスコット・アドキンスが遂にユニバース入り!目元があんななのでパッと見では分かりにくいですがw ドニー・イェンの『ローグ・ワン』出演決定の時のような嬉しさ!


あとはタイムループというある種ありきたりなネタを、ドクター・ストレンジの性格を上手く組み合わせて昇華させた、暗黒次元の支配者ドーマムゥとの最後の闘いも非常に面白い。(あっさり音を上げるところもカワイイ)


ラストではマイティ・ソーを登場させて、『ソー:ラグナロクからの『インフィニティ・ウォー』への繋がりをチラ見させて期待感をしっかりと煽ってくれる。(ハルクがどんな流れで加わるのかも気になります)『アントマンの劇中でファルコンを登場させてアベンジャーズとの繋がりを作り、『シビル・ウォー』アントマンを違和感無く活躍させたように、この辺のテクニックがMARVELは本当に上手い。


個人的に気になったのは、ストレンジの事故の原因にもなった「雷に打たれた」少女のこと。他の症例とは異なる患者ですし、雷と言えばやっぱりソーが思い浮かぶし、どうにも見過ごせない何か引っかかる所があります。(『エージェント・オブ・シールド』で回収する伏線か?)

魔法のシーンなんかは特にIMAXの3Dがバッチリハマると思います。是非。

#1 金沢行きました おまけ

otakon1011.hatenablog.com

 

otakon1011.hatenablog.com

 

先日金沢に攻め込みました。おまけの回としては、金沢の街で見掛けた趣のある看板文字達を紹介したいと思います。

 

「裁」の左下の混み合いがちな部分を上手く省略していて、画数が少なくて密度の薄い後半の二文字と絶妙なバランスを保ってます。

f:id:otakon_1011:20170107140810j:plain

 

いらすとやが猛威を振るうフリーイラスト素材界の中で、未だに残るMicrosoftテイストの作品がこちら。お姉さんはパネルを脇に挟んでいるだけな所がじわじわと笑えてくる。

f:id:otakon_1011:20170107153721j:plain

 

THE・年季。ちなみに店内はバイク屋じゃなくなってました。

f:id:otakon_1011:20170107153947j:plain

 

「寄ってらしゃ〜いな!」の破壊力もさることながら、全ての情報でフォントを使い分ける大盤振る舞いさ。

f:id:otakon_1011:20170107154116j:plain

 

同店舗の別の看板。ここでも全く違うフォントを使用。そしてとどめの一撃「入りまっしネ」

f:id:otakon_1011:20170107154128j:plain

 

こちらも年季の入った店舗。

f:id:otakon_1011:20170107154220j:plain

 

上から左下に流れていくカーブの反復が美しい。

f:id:otakon_1011:20170107155951j:plain

 

後ろ二文字のストロークを全く無視した「ユ」のガッチリ具合。

f:id:otakon_1011:20170107160130j:plain

 

優雅栄チックで統一感たっぷりの「ブティック」部分と、対象的に超ボールドで組み立てた「ミドリヤ」 の対比が素晴らしい。特に平行四辺形のシルエットに2本線を加えただけでそれと分かる「ミ」が大好き。「ド」の潔い2画目も好き。

f:id:otakon_1011:20170107160539j:plain

 

豪快な筆文字よりも気になるのは上部で飛んでいる謎のキャラクターである。あれは眼なのか髪なのか・・・

f:id:otakon_1011:20170108100102j:plain

 

Please visit our temple!!!

f:id:otakon_1011:20170108100810j:plain

 

誰が見てもビッグなのが分かる。良い。

f:id:otakon_1011:20170108102101j:plain

 

右上に勢い良く伸びる「レ」が素敵。

f:id:otakon_1011:20170108102712j:plain

 

飛び出すと何が起きるかが非常に分かりやすい

f:id:otakon_1011:20170108132223j:plain

 

ナ ナンダッテー!!
Ω ΩΩ

f:id:otakon_1011:20170108132435j:plain

 

駅前に興味深い看板が

f:id:otakon_1011:20170108142059j:plain

 

えっちな映画館でした

f:id:otakon_1011:20170108142358j:plain

 

以上!都会には無い地方独特の個性的な看板が多くて面白かったです。

 

 

 

 

 

#1 金沢行きました 後編

前編はこちら

otakon1011.hatenablog.com

 

2日目はいよいよ21世紀美術館へ向かいます。道中で面白い神社を発見。

f:id:otakon_1011:20170108102224j:plain

 

なんと一部が煉瓦造りなのだ。

f:id:otakon_1011:20170108102438j:plain

 

他にもモダンな造りの建築物が多くて歩いてるだけでも楽しい。

f:id:otakon_1011:20170108103524j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170108103727j:plain

 

着弾

f:id:otakon_1011:20170108130219j:plain

 

まずは深澤直人監修の「工芸とデザインの境目」展。職人がひとつひとつ時間を掛けて仕上げていた器や作業道具等々の「工芸品」と、使いやすくてリーズナブルで、かつ短期間で大量生産が可能な大衆向けの「プロダクトデザイン」。それぞれの傑作を対比させる事で、物を切る、人を乗せる、足先を守るといった同じ目的に対して、異なるアプローチで答えを出したそれぞれの美しさを感じさせる内容(だったはず)ただの鍋も美術館に展示すれば傑作に見えるってのが何気に面白かった。

f:id:otakon_1011:20170108112046j:plain

 

もう一つは東京で見逃していたトーマス・ルフの写真展。写真撮影OKとの事だったのでバシバシ撮影しましたが、あの展示空間で見た巨大な写真が持つ圧倒的なパワーとインパクトには敵うわけがなく。「撮る→レタッチ→現像」の手法にこだわらずに自由な発想で最終的に写真っつー形に落とし込むアイデアがとても良かった。

f:id:otakon_1011:20170108112126j:plain

 

免許証に使うような証明写真も驚愕の高解像度を保ったまま2m近く引き伸ばされると圧倒的な無言の圧力を持って不気味に迫ってくる。

f:id:otakon_1011:20170108112634j:plain

 

デカい写真は強い。

f:id:otakon_1011:20170108113926j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170108113934j:plain

 

近くで見ると笑えるほどガビガビの写真なのにある程度離れるとなんかそれっぽく見えちゃう不思議。(作品名もJPGだったはず)写真と画像の境目とは何ぞやと考えさせられる作品。

f:id:otakon_1011:20170108114735j:plain

 

エロ画像を重ねまくって加工してるらしい。目を凝らしたけどよく分からん。

f:id:otakon_1011:20170108114916j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170108114932j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170108115357j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170108115526j:plain

 

例のプールです

f:id:otakon_1011:20170108112018j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170108111606j:plain

 

今回見た2つの展示会よりも面白かったのが金沢市の小中学生の制作物約9000点が一挙に展示されているパワフルな空間に遭遇できたこと。こんな感じで会場いっぱいに様々な作品が展示されていた。紙粘土で作る謎のお面とか、ぶつ切りにした木のブロックをボンドや釘を駆使して作り上げるモンスターとか、自分も子供の時に取り組んだ題材があったりして懐かしかった。

f:id:otakon_1011:20170108122950j:plain

 

ドラッグディーラー

f:id:otakon_1011:20170108121616j:plain

 

ウソはバレる。中3でこのセンス、最高にヤバくないですか。

f:id:otakon_1011:20170108123710j:plain

 

それぞれ違う中学校なのにこのアプローチ。スタンド使い同士は惹かれ合う。

f:id:otakon_1011:20170108124518j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170108124628j:plain

 

この画が会場で一番ハイクオリティだったと思う。10歳以上年下が描いたとは思えん。

f:id:otakon_1011:20170108124049j:plain

 

上手い下手とか関係なくて、どの作品も「私はこれが作りたいんだ!そして自分がOKって言ってんだからこれでOK!」っていうピュアな情熱がすごく感じられたし、仕事でグラフィックデザインやってる事もあって余計そのパワーに打ちのめされてしまった。普段から自由にモノを作ってるようでいて、実は何かにがんじがらめになってる中で作ってるだけってのを痛感しました。

 

魚市場で鮪丼。美味。

f:id:otakon_1011:20170108135726j:plain

 

拝啓 佐藤可士和様、金沢でも貼られてますよ。

f:id:otakon_1011:20170108155521j:plain

 

そして魔の都へ。

f:id:otakon_1011:20170108155218j:plain

深掘りすればもっと色んな楽しい場所があるんでしょうけど今回はこんな感じ。十分楽しめたしほとんどの場所が駅から徒歩で向かえるので、ストップ・アンド・ゴーを繰り返すバスに揺られる必要が無くてとても楽でした。次回は金沢の街中で見つけた趣のあるタイポグラフィ達を紹介したいと思います。

 

 

#1 金沢行きました 前編

あけました。

 

21世紀美術館行きたいよねー」「よし、行こう」から始まり1泊2日で金沢へ。結局家路につくまでガイドブックの類を一切目に通すこと無く挑みましたが逆に功を奏した印象。

 

1600円。幸先良いですね。

f:id:otakon_1011:20170107082452j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107082605j:plain

 

ででん!

f:id:otakon_1011:20170107104808j:plain

 

金沢駅ガメラが壊した京都駅に似てて素晴らしい。

f:id:otakon_1011:20170107110118j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107110125j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107110251j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107110439j:plain

 

金沢駅サイドンが護っていました

f:id:otakon_1011:20170109112204p:plain

 

まずは兼六園

f:id:otakon_1011:20170107114630j:plain

 

苔が綺麗

f:id:otakon_1011:20170107115337j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107115409j:plain

 

ピィが孵化しました。ありがとう兼六園

f:id:otakon_1011:20170109112541p:plain

 

雪が降るとさらに美しい景色になるんだろうな

f:id:otakon_1011:20170107115730j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107115915j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107120044j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107120150j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107120828j:plain

 

ミレニアム・ファルコン

f:id:otakon_1011:20170107125345j:plain

 

カレーとうどん。2manydjs

f:id:otakon_1011:20170107130030j:plain

 

The Gossip - Standing in the Way of Control [Soulwax Nite Version]

f:id:otakon_1011:20170107130156j:plain

 

金沢城。石垣。

f:id:otakon_1011:20170107133741j:plain

 

たまたま入った蓄音器館がとにかく素晴らしかった。ちょうど実際に聴けるイベントを開催してて、デジタルと比べてクリア過ぎないくぐもった音色が素敵でした。

f:id:otakon_1011:20170107150648j:plain

 

レコード欲しくなるな〜

f:id:otakon_1011:20170107143736j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107143812j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107143852j:plain

 

茶屋へ。趣がありますね。 

f:id:otakon_1011:20170107151608j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107153350j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107151826j:plain

 

泊まったホテルの電飾がグズグズ

f:id:otakon_1011:20170107192055j:plain

 

夜は寒ブリとおでん。美味!

f:id:otakon_1011:20170107194914j:plain

 

f:id:otakon_1011:20170107195845j:plain

 

初日はここまで。

 

 

2017年やることリスト100

あけました。

 

フォロワーさんのブログを見て(下記参照)面白そうだと思ったので仕事が始まっちまう前に僕も考えてみました。基本的に趣味をさらに充実させるものばかりになってしまった感は否めませんが、意識しながら2017年過ごしたいと思います。達成出来たらどんどんここに書き残したい所存。頑張れ今年の俺。

 

momomarshmallow.hatenablog.jp

 

01. 夫婦で旅行(出来れば関東を脱出)

02. 月に1冊以上本を読む

03. 月に10本以上映画を観る

04. 月に1体以上プラモを作る

05. 月に1枚以上CDを買う

06. 2月に1本はDJMIXを作る

07. カメラをちゃんと使う

08. カセットテープで音楽を聴いてみる

09. レコードプレイヤーを買う

10. 奥さんの妊活の手助け

 

11. アメコミを月に1冊以上読む

12. 体験したことは積極的にブログに残す

13. デスク周りの片付け

14. AKIRAを読み直す

15. スティーブン・キングのザ・スタンドを読み直す

16. READY PLAYER ONEを読み直す

17. 月に3〜4回はランニングする

18. 月に1回以上ボルダリングに行く

19. 腹筋を割る

20. 両国国技館で相撲を観る

 

21. 新日本プロレス以外の団体の興行を観る

22. その日のつまみくらいは自分で作れるようになる

23. 仕事での徹夜を減らす

24. 整体に行く

25. MOGRAでDJをする

26. デコトラのプラモを組む

27. ハードコアチョコレートの商品を買う

28. パンクドランカーズの商品を買う

29. FFXVをクリアする

30. Battlefield1の上達

 

31. PS4のゲームソフトを買う

32. 中目黒のワルツに行く

33. プールで泳ぐ

34. 2016年よりもブログの更新頻度を上げる(月3本~)

35. 軍艦島に行く

36. クラブでちゃんと音楽を聴く

37. コミケに行く

38. 行ったことのない美術館に行く

39. 古書ドリスで買い物

40. トートバッグの新調

 

41. スニーカーの新調

42. ジャズ関係の本を3冊読む

43. プログレッシヴ・ロックの哲学を読む

44. 盆栽のプラモを組む

45. ホットトイズを1体買う

46. 築地市場で飯を食う

47. ポケモンGO国内モンスターフルコンプ

48. ランニングシューズの新調

49. 北海道に行く(出来ればRSRで)

50. 海外に行く

 

51. 今までの自分に無いテイストのデザインに挑戦する

52. M3で買い物する

53. 行ったことのない映画館に行く

54. 美味しいうどんの店に行く

55. リアルタイムでレッスルマニアを観る

56. 陶芸をする

57. 歯のメンテナンス

58. 歴史の勉強をする

59. インプットの量を上げる

60. インターネット上の知り合いと会う

 

61. STERNEに行く

62. スカイダイビングに挑戦する

63. ミュージカルを観る

64. 酔って財布を失くさない

65. 小明のイベントに行く

66. 海に行く

67. 10.29のTHA BLUE HERBのライブに行く

68. ヒゲの脱毛処理

69. 建機の本を読む

70. 奥さんの誕生日に料理を振る舞う

 

71. 温泉に行く

72. 阿蘇ロックフェスで電気グルーヴを観る

73. 有給休暇をしっかりと取る

74. メガネを買い換える

75. キューブリック作品を見返す

76. 競馬場に行く

77. 川崎の工場地帯のクルーズに行く

78. 先輩にレオンのDVDを返す

79. 大洗に行く

80. 後輩の育成

 

81. 映画関連の本を読む

82. 机の新調

83. 本棚を増やす

84. 冷え性の改善

85. レゴを1つ以上買う

86. 能動的に新しい音楽に触れる

87. 「めしにしましょう」に載ってるレシピを作る

88. 自転車であちこち出掛けてみる

89. ホールでオーケストラを観る

90. 読んだことのないタイプの漫画にチャレンジする

 

91. BLUE GIANTの既刊を読破

92. 花火大会に行く

93. 地元の友達と会う

94. 奥さんと花見に行く

95. 艦これのイベントを最終ステージまでクリアする

96. 黒澤明作品を観る

97. 自宅周辺で新しい飲み屋を開拓する

98. 新しいiPhoneアプリを積極的に試す

99. 保険に入る

100. 夫婦揃って健康なままで2018年を迎える