otakonblog

はい

キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー


The Civil War Begins – 1st Trailer for Marvel's “Captain ...

 

 

 

 

Divided we fall.

アベンジャーズは分裂し、倒れていくってことでしょうか。悲しい。

 

スターウォーズ最新作の公開時に予告編が流れる」との噂があったマーベル・シネマティック・ユニバースの新フェイズ1作目、キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー。しかし実際そんなことは無く、先週突如公開に。これには流石に驚いて仕事が手に付かなかった。

 

原作はスーパーヒーローを政府の管理下に置く「超人登録法」の是非を巡りキャプテン・アメリカとアイアンマンが対立。それに伴い全ヒーローが賛成派と反対派に分裂し、戦ってしまうという悲惨で壮絶な内容。さらにこの後あのキャラが大変なことになっちゃったり、もっともっと凄い敵が襲ってきたり。

 

しかしどうやら今回は指名手配犯でもありキャップの親友、バッキーの処遇を巡りキャップとアイアンマンが対立する模様。一瞬写る「ソコヴィア協定」と書かれた謎の書類も気になる。アイアンマンやソーと違ってギリギリ地に足付いた設定なのがキャプテン・アメリカシリーズの良いところ。

 

本作はキャプテン・アメリカ率いるニュー・アベンジャーズを始め、アイアンマンや予告編には映っていないもののヴィジョン等々も登場。新たにブラックパンサー(身体能力がめちゃすごい)と遂に遂に遂にスパイダーマンが参戦。さらにはアントマンも加わるのでもうそれアベンジャーズ3じゃねーかよ!ってくらい超豪華なキャラクター達を限られた時間でどう料理するのかがとても楽しみ。

 

大傑作アントマンでフェイズ2を終えたマーベル・シネマティック・ユニバースは本作からいよいよフェイズ3に突入。「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」を皮切りに11月にはベネディクト・カンバーバッチ様の「ドクター・ストレンジ」、サノス本格参戦になると思われる「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」が後に控えている。そして最終章、インフィニティ・ストーンを巡ってサノスとヒーロー達が全面対決するであろう「インフィニティ・ウォー」へ向けて少しずつ、しかし確実に物語は進み始めた。(とは言えフェイズ4も噂されててほんとMARVELってどうかしてる)

 

マーベル・シネマティック・ユニバースは現時点でかなりの作品が公開されてて(既に12本、ドラマも入れると更に増える)オススメしても「いやいや、そんなにたくさん観てられねーしwww」と知り合いに言われることもしばしば。なのでこれから観始める方は「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」と「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」、「アントマン」の3つだけ観ておけば大体OKかと。

 

2016年は「スーパーマン v バットマン」や「デッドプール」も公開されるしアメコミ・ムービー盛り上がってますね。最高です。