読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otakonblog

はい

【ネタバレあり】007:SPECTRE

Movie

www.youtube.com

 

ダニエル・クレイグ版007の4作目。前作スカイフォールでチラ見せされたボンドの出生の秘密と、シリーズではおなじみの悪の組織スペクターとの対決が主なストーリー。本作ももちろんダークナイト路線のシリアスボンド。

 

総合的に見れば慰めの報酬はもちろんカジノ・ロワイヤルも超える面白さだけど、スカイフォールに僅差で劣るかなー。中盤までは勢いがあってぐいぐい引き込まれるけど、そこから先、モロッコの爆破シーンあたりから物語は徐々に失速。尻すぼみな展開だったのは否めない。今回のラスボスはスペクターの首領ブロフェルド。会議のシーンでの後光の差し方とか拷問のシーン等々感情を読ませない狂人っぷりが凄く良かったけど個人的にはハビエル・バルデムの異様なキチガイっぷりの方が好き。

 

とは言えアクションに関してはシリーズNo.1クラスのボリュームとデンジャラスさでオープニングのメキシコの死者の日の祝祭から始まるシーン(エキストラの頭上9mの高さでヘリをガンガンに飛ばすとか頭おかしい)と「ロシアより愛をこめて」をオマージュした列車でのバティスタとの格闘シーン、あと飛行機を使ったチェイスシーンは特に見もの。どこまでスタントマンかは知らないが50代とは思えないキレのある動きと決して破れない無敵のスーツで魅了してくれる。

 

本作には元WWEのスーパースターで、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーでドラックス役を演じたデイブ・バティスタが悪役として登場。過去の007に登場したジョーズを彷彿とさせる怪力っぷりでボンドを追い詰める。がしかし、それにしてもこの人にはヒゲが似合わない。つぶらな瞳と相まって山のフドウの様な柔和な印象が全面に溢れていてそれって悪役としてどうなの!?とも思ったり。

 

一応ダニエル・クレイグ版の007は本作で終わりと噂されているものの、あのエンディングではもう1作?続きそうな感じだけどなぁ。タコの足は再生すると言うし。とにかくスターウォーズが始まってしまう前に是非劇場へ。