otakonblog

はい

電気グルーヴ「お母さん、僕たち映画になったよ。」@Zepp Tokyo

宇宙一大好きなおじさん達、電気グルーヴ
宇宙一カッコいいライブを観に行きました。
ド平日開催と知った時は膝から崩れ落ちたものの、意地で有給奪取。
社畜デザイナーでもやれば出来る。

電気グルーヴのライブを観たのはフェスでは去年のSONICMANIA、
単独では一昨年(感覚的には去年だった。驚愕。)の塗糞祭以来。
塗糞祭はこれまでの在籍メンバーと豪華ゲストを呼びつつの
オールタイム・ベストでファン感謝祭的な内容だったので、
今回はどんな感じになるのか非常に楽しみにしてました。

ほぼ定刻通り、「コンニチハ、デンキグルーヴデス」の声と共にスタート。
新幹線までは最近の定番曲+THE MOVIEのサントラに沿った流れ。
そこから激レア、愛のクライネメロディー!ここで涙腺がぶっ壊れる。
2000年のフジロックで虹の合間に使ってたくらいで、ライブでやるのは初?
まさか聴けると思ってなかったなー。ただただ感動した。

バロン・ダンスも完全に予想外で、
しかもダイナソータンクを混ぜた野球ディスコの時っぽいアレンジ!
卓球曰く「22年前の曲」だけど今でも全然カッコいいぞ!

軽やかなディスコアレンジが加えられた
あすなろサンシャイン(瀧、キー低くなったなぁ。。。)から
カメライフと続いてこれまた懐かしのTKOテクノクイーン。
一番驚いたのは卓球のソロ曲、Love Domination。SEX大連呼。

そしてFLASHBACK DISCO→ジャンボタニシ→N.O.→かっこいいジャンパーで終了。
FLASHBACK DISCOは遡ればツアーツアーの頃から皆勤賞レベルで演奏されてるけど
毎回アレンジ変わってるし色褪せない。名曲。(WIRE01の時が至高ではあるが)
かっこいいジャンパーはもちろんKAGAMIのリミックス。感涙。

ここまで1時間半、MC無しノンストップ。
ちょっとしてステージに戻った2人。ようやくMCが始まる。
怒涛の勢いで卓球が喋りまくり、瀧がそれをなだめる図は相変わらず。
瀧が疲れからか普段よりも付き合わなくなってたのが面白いw

アンコールはこれも予想できなかったHAPPY BIRTHDAY。
最後は卓球が瀧におんぶされながら退場。不覚にも萌えた。
そしてループゾンビが流れる中お客さんも退場。

2016年版にアップデートされた定番曲達をベースに
レア曲を随所に織り交ぜてアクセント付けながら、
緩急ついたBPMで踊らせるソリッドで攻撃的なセットリスト。
Shangri-Laや誰だ!を一瞬だけねじ込むところもズルい。

振り返ればVOXXXからの曲が多かった印象。
VOXXXは電気のアルバムの中でも特に好きな1枚なので嬉しかったなー。
VJ(新幹線の停車駅表示ネタが良かった)とステージの造りも一新してて、
液晶と照明の使い分けも演出にメリハリが付いてて楽しめました。

26年やってるバンドとは思えない新鮮さで駆け抜けた極上の2時間。
やっぱり僕はこの人達のことが大好きなんだなー。
心底幸せな時間を過ごせました。生きてて良かった!あと休み取れて良かった!
このセトリの凝縮版で夏フェス出るんだろうな。めっちゃ楽しみです。


電気グルーヴ「お母さん、僕たち映画になったよ。」@Zepp Tokyo

01.ハロー!ミスターモンキーマジックオーケストラ
02.Fallin’ Down
03.Missing Beatz
04.Shameful
05.新幹線
06.愛のクライネメロディー
07.Baby’s on Fire
08.スコーピオン2001
09.バロン・ダンス〜ダイナソータンク
10.あすなろサンシャイン
11.カメライフ
12.TKOテクノクイーン
13.Fake it!
14.Love Domination
15.FLASHBACK DISCO
16.ジャンボタニシ
17.N.O. 2016
18.かっこいいジャンパー

19.HAPPY BIRTHDAY