otakonblog

はい

ジャック・タチ - プレイタイム

傑作。

 

まず衝撃を受けたのが斬新なカメラワーク。

他の映画では当たり前の顔や手元等のズームが一切無く、

ぐっと引いた絵の中で老若男女、様々な人物が常に動き回る。

3秒に一度は小ネタが発生するし、それが最後まで続いていく。

 

監督直々に一人ずつ指示を受けたエキストラ達は

時に主役以上に独特で面白い行動を見せるので

次第に誰が主役なのか分からなくなるw

ウォーリーを探せ!」を実写化するとこうなるんだろうなー。

 

もう一つ、劇中に出て来るパリの街並みは全てセットらしい。

あまりにも壮大なので言われてもピンと来ないけれど驚愕。

 

ストーリーは二部構成になっていて、

前半はひたすらミニマルに進むものの

終盤に向けて物語はスピードを増し、熱量を上げていく。

 

ラストの早朝のシーンがとても印象的で、

ageHaの帰り道の橋渡る時の感覚と全く同じというか

ワイワイ騒いだ後の余韻に浸るようで心地が良い。

 

日曜の午後にぼんやり眺めていたくなる映画でした。