otakonblog

はい

新日本プロレス 4.10 両国国技館 INVASION ATTACK


新日本プロレスの4.10両国大会が終了。
プロレスをちゃんと観るようになってから数年。
ここまでワクワクした大会は初めてかもしれない。

 

オスプレイもう少し頑張ってくれとか、ヨシ・タツ復帰おめでとうとか、
真田には期待してますとか、コーディー・ホールの容態とか、
色々とトピックスはあるものの今日は何と言ってもメインイベントでしょう。

 

プロレスはある程度結末が予想出来る類のものだと個人的に思う。
アベンジャーズは絶対に勝つし、ウルトロンは敗れてしまう。
だけれど今日の展開とお客さんの盛り上がりは本当に予想不可能だった。
よくぞそっちに舵を切ってくれました!って感じ。

 

アンパンマンで例えると、いつもの流れで闘いが始まったものの、
バタ子さんが投げたスペアの顔をドキンちゃんがキャッチ。
力の入らないアンパンマンはそのまま再起不能に。
今日のメインイベントはそんな感じだった。来週の話が全く読めないのだ。

 

僕はプロレスを観る時は日頃のストレスの発散も兼ねている節がある。
どうしてもウマが合わない上司だったり、自己中極まりないお局だったり、
驚愕のスケジュールを投げつけてくるクライアントだったり。
そんな生活の中で溜まり溜まったモヤモヤやイライラを、
僕は小島聡の豪腕ラリアットや永田裕志のバックドロップ、
中邑真輔のボマイェや真壁のスパイダージャーマンに託している。

 

もともと内藤選手の事は大嫌いで、常にいけ好かない奴だと思っていた。
しかしヒールターンしてから一変。ひたすらカッコ良くて仕方がない。
反体制的なスタイルだったり制御不能な言動だったりが
僕が普段抱えているもやもやしたものを上手く昇華してくれてるのだろう。

 

話は逸れましたけど、とにかく今日の大会は最高に面白かったし、
新日本プロレスの新たな方向性を提示した素晴らしいものだった。
中邑真輔AJスタイルズ、カールやドク・ギャローズが居ないことを
忘れさせるだけの内容だったことは間違いない。
大丈夫、全然やれる。そんな感じに僕には見えました。

 

内藤には次の挑戦者(恐らく石井でしょう)なんて軽く蹴散らしてもらって、
少なくとも秋の両国くらいまではチャンピオンでいてほしいなと思ってますが、
まぁそこはトランキーロで。